goki アコースティックライブ バナー
英国

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」

 

ノンフィクション本「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」を読了。

巷の噂どおりのオモロさで、早くも僕の中で今年の No.1 はこれに決まりました。

 

今まで全然知らなかったイギリスの教育システムや学校制度。

そして「ここまで深かったのか・・・」と考えさせられたレイシズムと貧困問題。

EU 離脱問題も相まってイギリスはいま大変な時期を迎えているようです。

そんな暗いトピックを複数扱いながらも終始前向きに書かれている本作はスゴイ!

 

この本を読み終えたいま、めっちゃ著者の息子さんと話してみたいです(笑)。

そして何よりこの本が日本でベストセラーっちゅうのがステキやと思いました。

category:, 19:24
comments(0)
Comment