gokiライブバナー
語彙

「ウチら棺桶まで永遠のランウェイ」

 

売れてる本は読まんと気が済まへんのでこんな本を購入。


kemio さんは現在24歳やそうですが、しっかり一本筋が通っています。

人間関係に対する彼の考え方、同性愛者ならでは視点は大きく頷けました。

 

ところでこの本を読み終えた僕は改めて自分のボキャブラリーのなさを実感。
今回学んだ言葉はしっかり身につけて今後の人生に役立てていきたいと思います。

 

● いつメン:「いつものメンバー」「いつものメンツ」の略
● ヤバみ:危機感を抱くさま
● 秒で:すぐに、急いで
● とりま:「とりあえず、まあ」の略
● ラブみ:だいすき、愛がある、惚れている
● メンヘラ:心に何かしらの問題を抱えている人
● シェアハピ:「Share happiness!」の略で「分かち合うっていいね!」という意味
● 萎え:気勢の衰えるさま。俗な表現としては「萌え」の対義語として扱われる。
● 非リア充(略称:非リア):恋愛や仕事などの現実生活(リアル生活)が充実していない人間のこと。

category:, 21:57
comments(0)
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。