gokiライブバナー
荒野

「荒野をめざす 〜 魂のハイウェイ・ルート66」

 

以前読んだ本が素ん晴らしかったんで、また東理夫さんの著書を読みました。

ルート66本によくある名所巡りではなく、エッセイになっているのが特徴です。

 

ルート66上にない町も幾つか紹介されていて興味津々。

掲載されている写真はどれもカッコ良くて何回も読み止まってしまいます。

 

そして東さんがルート66について書かれた感傷的な4行が心に響きました。

 

「この道はいつも思いを過去へと向けさせる。

   時には、それを美しく見せすぎることがある。

   苦悩と苦痛に満ちていたに違いない頃の旅をも、楽しげであるかのように見せる。

   それが怖い」

category:, 22:33
comments(0)
Comment









Trackback
url: http://diary.goki-music.com/trackback/1415696