gokiライブバナー
再現

『Hotel California』

 

先週 9月27日(金)と28日(土)の2日間、ラスベガスの MGM グランドガーデン・アリーナで『ホテル・カリフォルニア』のアルバム完全再現コンサートを行ったイーグルス。

このコンサートはもともと全米ツアーとして2016年に予定されていましたが、グレン・フライの死去により中止になっていました。

 

当日のコンサートは第1部がアルバム『ホテル・カリフォルニア』の完全再現、第2部が他のイーグルス・ナンバーつちゅう構成やったそうです。

客席から向かってステージの左上方に輝く「ホテル・カリフォルニア」と書かれたネオン・サイン。

 

開演時間になるとコートに山高帽子姿の男性がステージに登場。

彼はネオン・サインの下まで歩み寄ると、コートの袖から『ホテル・カリフォルニア』の LP ジャケットを取り出します。

そしてレコードプレーヤーに LP を置き、針を落とした瞬間、ステージのカーテンが開いてイーグルスが登場し "Hotel California" を演奏し始めました。

 

アルバムの曲が順番に演奏されていく中、"Wasted Time" ではジム・エド・ノーマン率いるフル・オーケストラが登場。

この曲が終わったところで、今度はセクシーなベルガール姿の女性が登場してレコードプレーヤーの針を上げ、LP を裏返します。

すると再度オーケストラが登場し、"Wasted Time Reprise" からアルバムのB面が演奏されました。

僕も含めて多くのファンが気になっていた "Try And Love Again" を歌ったのはヴィンス・ギルやったようです。

その後オーケストラと合唱団が加わった "The Last Resort" で第1部が終了。

第1部は曲間の MC がまったくなく、全9曲の演奏が終わったところでドン・ヘンリーが初めて挨拶して休憩に入ったそうです。

 

第2部は他のアルバムからのヒット曲に加え、ドン・ヘンリーやジョー・ウォルシュのソロナンバーも演奏されています。

このあたりは通常のイーグルスのコンサートと変わりませんね。

ところがアンコール最後の "The Long Run" が終わった瞬間、"Hotel California" のサビだけが演奏されて全編が終わったとか。

一体どんな感じやったんでしょーか??

 

今回のコンサートは当然めっちゃ盛り上がったようで、当日会場にいた多くのファンが興奮しながらその感動をシェアしています。

となると、ここまで準備した「あの」イーグルスがこの2公演だけで『ホテル・カリフォルニア』完全再現コンサートを終わらせるとは考えられません(笑)。

オーケストラや合唱団の同行は難しいかもしれませんが、全米の大都市数ヶ所くらいは周るんじゃないでしょーか?

もしそうなったら僕はもちろん行きます!

category:, 23:59
comments(0)
Comment









Trackback
url: http://diary.goki-music.com/trackback/1415664