栄枯

「オール・シングス・マスト・パス」

 

Amazon Video で映画「オール・シングス・マスト・パス」を鑑賞。

 

これはタワレコの栄枯盛衰の軌跡を描いたドキュメンタリー映画です。

サクラメントの薬局店から始まり、1999年には10億ドルを売上げる企業に成長。

しかしその後商売戦略の転換や小売店の台頭、MP3 の登場など次々と試練に直面。

結果的に2006年に破産し、全米のすべての店舗が閉店となってしまいます。

 

映画の中では創業時からのスタッフがタワレコのロックな社風について笑顔で回想。

ボスやエルトン・ジョンがタワレコへの思いを語るシーンも印象的でした。


タワレコが日本進出を検討したとき、社内で賛否両論が巻き起こったそうです。

しかしその決断が結果的にアメリカ国外での初の大成功に繋がります。

タワレコと言えば "No Music, No Life" っちゅうキャッチフレーズ。

この言葉が日本のタワレコから生まれたっちゅうのは初耳でした。

 

エンディング曲はやはりジョージ・ハリスンの "All Things Must Pass"。

創業者のラス・ソロモンさんが日本のタワレコを訪れるシーンに涙がこぼれました。

 

僕は日本にタワレコの店舗が残っていることを誇りに思います。

category:, 19:44
comments(0)
Comment









Trackback
url: http://diary.goki-music.com/trackback/1415285