売買

「ビンテージ・ギターをビジネスにした男 ノーマン・ハリス自伝」

 

最近読んでたノーマン・ハリスの自伝を読み終えました。

 

まだ世間でビンテージ楽器の貴重さが認知されていなかった1960年代後半。

オールド楽器の価格が高騰する以前に楽器売買のビジネスを始めた著者。

近年は大手ギターメーカーがリイシューモデルを作る際の相談役も務めているとか。

 

彼の顧客はジョージ・ハリスンやボブ・ディラン、トム・ペティら大御所ばかり。

その他にもやロビー・ロバートソン、ジョン・フォガティの名前も!

映画「ラストワルツ」のロビー・ロバートソンのギターは彼が提供したそうです。

 

1958年〜60年のサンバースト・レスポール人気の理由は今回初めて知りました。

リッチー・サンボラとボブ・ディランのマーチン D-18 にまつわる話には大笑い。

その他ハリソン・フォードやリッチー・サンボラの感動エピソードも。

 

1970年代の L.A. の音楽シーンも垣間見れる、めっちゃオモロイ一冊でした。

category:, 17:29
comments(0)
Comment









Trackback
url: http://diary.goki-music.com/trackback/1415079