勝利

「演奏者勝利学」

 

めっちゃ久しぶりに1冊の本を読了。

自己啓発本で見かける内容が多かったですが勉強になりました。

 

● 結果と評価こそが最大の揺らぎと捕らわれの原因。 「変化」の集大成が「結果」になる。 過去の変化のことを「成長」と呼び、未来への変化のことを「可能性」と呼ぶ。

● プレッシャーは未来に対する不安から起こる。 プレッシャーに強い人は、「今」に生きる力が習慣化されている。 周りの目や期待はこちらではコントロールできないので、そんなものに合わせるのではなく、いつでも今自分ができることをする、できることに集中する。

● 自分が揺らぐ原因について、「変えられること」と「変えられないこと」、「準備して回避できること」と「できないこと」を分けて考える。 そして変えられないことは持ち込まず洗い出し(ウォッシュアウト)、回避できることは準備する。

● 集中力が乱れるときは、気持ちが自分以外のものに向けられてしまうとき。 常にライバルは自分自身で、今できることに意識を集中する。

● 勝利とは自分自身についてこれまで以上のものを発見し、自分の経験を通じて、今後の成功や充実した人生につながるあらゆる思考パターンや行動パターンを見つけ出すこと。

● 頭や脳を鍛え、心をフローにするための基本は言葉を選ぶこと。

● ハイパフォーマンスは、単純に何をやったから生まれるというものではなく、ふだんの生き方、人間力、総合力の現れ。

● 「弾く」という行為は、聴く人がいてはじめて成り立つ。 いつでも「本番」の生き方をする。 たとえ目の前に誰もいなくても、人に聴かせるための演奏をふだんから心がける。

● 苦手とは演奏家が作り出した妄想。

● 状況や条件の違う中で同じもの、求めているものを出せるように練習するのが家での練習。

category:, 23:52
comments(0)
Comment









Trackback
url: http://diary.goki-music.com/trackback/1414945