反戦

「地球 1954」

 

2年以上前に買った手塚治虫のボックスセットから
最後の一冊「地球 1954」を読みました。

 

日本のある田舎町に作られた巨大地下都市を巡って
巻き起こる陰謀を描いた1954年の短編 SF 作品。

 

アメリカとソ連が競って核実験を行なっていた

東西冷戦の時代背景を受けているせいか、
強い反戦メッセージが描かれています。

category:, 20:19
comments(0)
Comment









Trackback
url: http://diary.goki-music.com/trackback/1414626