ライブバナー
零一

「ゼロ 〜 なにもない自分に小さなイチを足していく」

 

ホリエモンの「ゼロ 〜 なにもない自分に小さなイチを足していく」を読了。

 

この本が出版されたのは彼が刑期を終えた時期と重なる2013年です。

そんなせいか彼の他の著書とは違って等身大のホリエモンを垣間見れた気がします。

 

「何もないゼロの自分に小さなイチを積み重ねる」っちゅう生き方に共感。

諸行無常の世の中でポジティブに生きていく強いメッセージをもらいました。

category:, 13:55
comments(0)
歩方

「魔法のコンパス 〜 道なき道の歩き方 」

 

キンコン西野の著書「魔法のコンパス 〜 道なき道の歩き方 」を読み終えました。

 

一部の内容は「革命のファンファーレ」と重複していますがそれでも読み応え十分。

彼の考え方には共感できる部分が多く、めっちゃええ刺激を受けることができます。

僕も「問い」を持つ癖をつけてオモロイことを始めてみようと思いました。

 

キンコン西野は数ヶ月前に新著を出してるんでそれも読んでみたいです。

category:, 11:53
comments(0)
独立

「ロックで独立する方法」

 

忌野清志郎さんの「ロックで独立する方法」っちゅう本を読了。

 

僕は清志郎さんの音楽も RC サクセションも聴いたことがありません。

今回この本を買ったのはただタイトルの響きに惹かれたからです。

 

本に書かれている内容は洋邦楽を問わずプロなら必ず一度は通るであろう話。

レコード会社との契約、不公平な給料、そしてバンドの結成から解散まで。

 

文体や口調から清志郎さんのこだわりや個性がヒシヒシと伝わってきて Good。

一度 RC サクセションの音楽を聴いてみようと思います。

category:, 21:12
comments(0)
馬鹿

「バカとつき合うな」

 

ホリエモンとキンコン西野の共著「バカとつき合うな」を読了。

この二人の共著がオモロないわけがないと思って読んだらやっぱり大当たり!

 

色んなバカについて解説した後でお互いの本当の顔(?)を暴露。

全体的な構成も内容も Good で大満足な一冊でした。

 

category:, 17:37
comments(0)
管理

「次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル」

 

最近読んでたミュージシャン向けのマネジメント本を読了。

音楽活動をするうえで音楽以外に必要なモンについて説明されています。


これまでずっと謎やった「プロ」と「アマ」の違いが分かってスッキリ!

新しい気づきもあってめっちゃ勉強になる一冊でした。

category:, 20:51
comments(0)
西野

「革命のファンファーレ」

 

キンコン西野の著書「革命のファンファーレ」を読みました。

 

彼の鋭い分析・思考能力に驚き、また彼の行動力と努力に脱帽。

王貞治さんの言葉を踏襲・改新した彼の言葉が僕の胸に突き刺さります。

 

「努力量が足りていない努力は努力ではない。

   誤った努力もまた努力ではない」

 

めっちゃオモロくて Amazon での高レビューに充分納得。

キンコン西野の著書は他にもあるようなんで読んでみようと思います。

category:, 20:39
comments(0)
義秀

「翼のある人生」

 

Red Bull Air Race 唯一のアジア人パイロット室屋義秀さんの本を読了。

 

僕は曲技飛行パイロットなんて金持ちにしかできへんと思ってました。

でもこの本を読んで空を飛ぶことに対する室屋さんの情熱と根性にビックリ。

そして数々のどん底から這い上がって夢を実現した実話に感動。

 

読んだ後に清々しい気分になる素ん晴らしい一冊でした。

category:, 22:33
comments(0)
本気

「 本気で言いたいことがある」

 

さだまさしさんの著書「本気で言いたいことがある」を読了。

さださんが世の中の色んなことに対して物を申す一冊です。

賛成できる点、できない点がありましたが視点の鋭さは流石でした。

category:, 23:59
comments(0)
風吹

「インディアンカントリーの風に吹かれて」

 

「インディアンカントリーの風に吹かれて」っちゅう本を読了。

 

この本の著者は先月読んだ本を書かれた大塚浩司さん。

今回もまさに僕が読みたかった内容でオモロかったです。

 

大塚さんは白馬でクラフトショップを経営されているとか。

こちらも気になるんでいつか行ってみたいと思います。

category:, 23:59
comments(0)
発想

「藤子・F・不二雄の発想術」

 

最近読んでた「藤子・F・不二雄の発想術」を読み終えました。

 

藤子先生が漫画を描くときにどうやって発想を得るか。

また独創力のための条件とは何か。

そして個性的であり同時に一般的であることの重要性。

 

音楽に適用できる部分も多くてめっちゃオモロかったです!

category:, 13:09
comments(0)