gokiライブバナー
最強

「超・筋トレが最強のソリューションである」

 

最近読み終えた本「超・筋トレが最強のソリューションである」。

200ページ以上にわたって筋トレの効能が説明されています。

 

その説明は時に精神論っぽく感情的に面白く分かりやすく。

そして時には科学的エビデンスとあわせて理論的に解説されています。

このバランスが絶妙なんで簡単に読んで理解することができました。

 

● メンタルが弱い原因はフィジカル。メンタルはフィジカルの表面。

● 睡眠は最も費用対効果の高い自己投資。睡眠を削る = 命を削る

● 筋トレは人が何かを始めるのに遅過ぎるなんて事はないということを我々に教えてくれる。人生で一番若いのは常に今。

 

長い間サボってた筋トレをすぐにでも再開させたくなりました!

category:, 14:00
comments(0)
未来

「未来のことは未来の私にまかせよう」

 

涙なくして読むことができなかった「未来のことは未来の私にまかせよう」。
これは2015年9月に他界したフリーアナウンサー黒木奈々さんの闘病記です。

 

彼女は2014年4月に NHKBS1 の「国際報道 2014」のキャスターに抜擢されます。
しかし直後の同年8月にステージ III の胃がんであることが判明。
この本では黒木さんの闘病生活と揺れ動く感情がリアルに書き記されています。

 

手術と抗がん剤治療を経て2015年1月には同番組の特別編に一日限定で復帰。
しかし奇跡的に復帰した彼女に運命の女神が微笑み続けることはありませんでした。
この本の出版から4ヶ月が経過した同年7月にがんのリンパ節転移が判明。
彼女はその2ヶ月後に32歳の若さで還らぬ人となります。

 

黒木さんが闘病中に言われた言葉が僕の心に残りました。

 

「当たり前の日は、本当は当たり前ではない。
   毎日を大事に、一日一日を大切にしよう」

category:, 21:10
comments(0)
約束

「チックタック 約束の時計台」

 

キンコン西野さんの絵本「チックタック 約束の時計台」を読みました。

 

累計部数40万部の「えんとつ町のプペル」に匹敵するストーリーに感動。

最後にチックタックとニーナが時計台の鐘の音を聞くシーンでは涙が出ました。

キンコン西野さんの創造力はホンマにスゴイと思います。

 

今年のクリスマスに公開される「えんとつ町のプペル」の映画も楽しみです!

category:, 22:25
comments(0)
哲学

「世界を50年間も放浪し続け学んだ COOL で自由な人生哲学」

 

いつもお世話になっているジョージ・カックルさんが師と仰ぐ方。

それが作家、ラジオ・ナビゲーターのロバート・ハリスさんです。

 

ロバートさんが何冊も本を出されていることを知ってさっそく一冊買ってみました。

納得できる名言ばかりで楽しくてあっちゅう間に読了。

 

● 全ての人生には、その人が知らない秘密の目的がいくつかある。

● 友達に助けや相談を求められたら、黙って聞いてあげることさ。

● 自分探しなんてのは時間の無駄だ。

● 旅はおかしくなった自分の価値観を修正するチャンスだ。

 

何となくジョージさんがロバートさんを崇める理由がわかった気がしました。

category:, 19:51
comments(0)
心掴

「ディズニーこころをつかむ9つの秘密」

 

「ディズニー こころをつかむ9つの秘密」っちゅう本を読み終えました。

 

オープン以来ずっと大人気でリピート率 97% を誇る東京ディズニーランド (DL)。
著者は 1983年の開業前からマーケティングを担当されていた方です。

 

東京 DL は本場アメリカの DL にとって初めての海外進出でした。
開業前に約40回実施したプレオープン、徹底した版権管理、そして入場制限。
ブルースカイと遊び心と常識外れとシンプルがテーマのアイデア発想法。
日常から離れた「物語」は徹底的にこだわったクオリティと斬新なアイデアから生まれてたんですね。

 

「夢の国」の真髄を見れた気がしてめっちゃ勉強になりました。

category:, 15:32
comments(0)
提案

「コミュニティをつくって、自由に生きるという提案」

 

不思議なタイトルに惹かれてこんな本を買ってみました。

 

人付き合いが苦手な僕にとってはなかなかハードルが高いコミュニティ作り。
でもそんな事を言うてられへんのが今のご時世です・・・

 

「強いつながりを作るには、まず弱いつながりを作る」っちゅうのは納得でした。
「『3つのくれない』を手放す」っちゅうのはミュージシャンにとってまさに金言。

 

僕も自分のペースでボチボチ積極的に弱いつながりを作っていこうと思います。

category:, 23:59
comments(0)
伏見

「伏見工業伝説 〜 泣き虫先生と不良生徒の絆」

 

「伏見工業伝説 〜 泣き虫先生と不良生徒の絆」っちゅう本を読了。

ドラマ「スクール☆ウォーズ」のモデルとなった伏見工業高校の実録本とあっては読まへん訳にはいきません。

 

平尾誠二さんの死を嘆く山口良治さんの回想から始まる展開はまるで映画のよう。

頭の中で実話とドラマを比較しながら読み進めるのがめっちゃ楽しかったです。

「スクール☆ウォーズ」でドラマ化された後の時代を知れたのも新発見でした。

 

そして山口さんが野球少年やった中学時代に球拾いを手伝っていたのが川藤幸三さんやったっちゅうのはビックリしました。

category:, 22:51
comments(0)
満足

「ディズニーを知ってディズニーを超える顧客満足入門」

 

「ディズニーを知ってディズニーを超える顧客満足入門」なる本を読了。

 

著者はディズニーランドで初代ナイトカストーディアル(夜間清掃者)を務めた方です。
全体的に企業向けに書かれているように見えますがよおさん学びどころがありました。

 

「人を喜ばせることがビジネスの基本」っちゅうことに今さらながら納得。
「We Create Happiness.」っちゅうディズニーの理念はまさにそれを言い表していますね。

 

そして「分度器1度の違いが明暗を分ける」っちゅう言葉が心に響きました。

category:, 23:00
comments(0)
語彙

「ウチら棺桶まで永遠のランウェイ」

 

売れてる本は読まんと気が済まへんのでこんな本を購入。


kemio さんは現在24歳やそうですが、しっかり一本筋が通っています。

人間関係に対する彼の考え方、同性愛者ならでは視点は大きく頷けました。

 

ところでこの本を読み終えた僕は改めて自分のボキャブラリーのなさを実感。
今回学んだ言葉はしっかり身につけて今後の人生に役立てていきたいと思います。

 

● いつメン:「いつものメンバー」「いつものメンツ」の略
● ヤバみ:危機感を抱くさま
● 秒で:すぐに、急いで
● とりま:「とりあえず、まあ」の略
● ラブみ:だいすき、愛がある、惚れている
● メンヘラ:心に何かしらの問題を抱えている人
● シェアハピ:「Share happiness!」の略で「分かち合うっていいね!」という意味
● 萎え:気勢の衰えるさま。俗な表現としては「萌え」の対義語として扱われる。
● 非リア充(略称:非リア):恋愛や仕事などの現実生活(リアル生活)が充実していない人間のこと。

category:, 21:57
comments(0)
体験

「やっぱり!『モノ』を売るな!『体験』を売れ!」

 

以前読んだマーケティング本がめっちゃ良かったんで同じ著者の別の本を購入。
一部の内容が重複していますが今回もめっちゃ参考になりました。

 

販売する商品やサービスの一歩先を考える「エクスペリエンス・マーケティング」。
そしてやっぱり最大のポイントとなる「独自の価値」。

 

ページをめくる度に「うんうん」と共感しながらあっちゅう間に読み終えました。

category:, 23:48
comments(0)