gokiライブバナー
隔月

Cal Vol.28

 

ルート66の特集が組まれていた隔月刊誌 Cal の Vol.28(2019年7月号)を読了。


マザーロードの道や沿道の店の写真が大きく掲載されていてめっちゃ楽しめます。
僕が知らんかった場所も幾つか紹介されていて次回の旅の目標ができました。

 

巻末には16ページにわたってハイウェイ49号線が登場。
これはゴールドラッシュに沸いた1848〜49年の北カリフォルニアを支えた道です。
カリフォルニアはこの出来事をきっかけに現在のような大都市へと成長しました。

 

僕もいつか金を掘りにこの道を旅してみたいと思います(笑)。

category:, 23:29
comments(0)
食卓

「手塚治虫アシスタントの食卓」

 

最近読んでたマンガ「手塚治虫アシスタントの食卓」を読み終えました。

 

著者は1970年代に手塚先生のアシスタントをされていた方です。

「ブラック・ジャック創作秘話」「TVアニメ創作秘話」に匹敵するオモロさ。

 

ここ数年ときどきこの手の本が出てきますが、手塚ファンとしては大歓迎っ。

このマンガは現在も雑誌で連載中とのことなんで続刊が楽しみです。

category:, 20:33
comments(0)
魔法

「オズの魔法使い」

 

突然「オズの魔法使い」を読みたくなりブックオフにて 100円で購入。

もちろんドロシーはジュエル、カカシはジャクソンを思い浮かべながら読みました。

category:, 23:59
comments(0)
自然

「自然にごちそうさま」

 

毎年お世話になっているカフェテラス モモのオーナーが書かれた本を読みました。

 

北アルプスを一望する信州の山の上にポツンと佇む一軒のレストラン。

天然酵母のパンと雑殻、自然野菜を使った優しい料理が暖かく出迎えてくれます。

 

天空の村で自給自足のスロー・ライフを送るオーナー。

春夏秋冬それぞれ違った顔を見せる自然との共生。

そこはまさに都会で「駆け足の人生」を送っている僕の理想郷です。

 

この本ではレストランのオリジナル・メニューが写真付きで紹介されています。

巻末にはピーター・バラカンさんとの対談記事も登場。

そして何とオビの紹介文を書かれているのは竹内まりやさん。

 

また来月ライブをさせていただくのがめっちゃ楽しみです!

category:, 21:28
comments(0)
幻覚

「ドン・ファンの教え」

 

某音楽評論家の方に教えていただいた「ドン・ファンの教え」を読了。

単にキノコを食うた人のトリップ体験談と思いきや、めっちゃ奥が深くてビックリ。

最後の部分は難しすぎて理解できず自分がトリップしそうになりました(笑)。

category:, 20:02
comments(0)
拍子

「ビリー・ザ・キッド全仕事」

 

書名に魅かれて買った「ビリー・ザ・キッド全仕事」っちゅう本を読了。

彼のアウトロー記録やと期待して読んだら全然違っていて拍子抜けしました(笑)。

category:, 20:17
comments(0)
世界

「100のジョージ・カックル」

 

ジョージ・カックルさんの著書「100のジョージ・カックル」を読了。

 

若い頃に世界中を旅してご自身の目で世界を見て来られたジョージさん。

この本を読むと「人は旅によって作られる」という気がしてきます。

ビックリするようなエピソード、ほっこりする話が満載で楽しめました。

 

また近いうちに Lazy Thursday にお邪魔しようと思います。

category:, 10:11
comments(0)
一生

「音楽で一生食っていきたい人のための本」

 

Amazon で偶然見つけて買った本を読み終えました。

書名がオモロかったんでネタで買ってみたところ収穫が多くてビックリ!

 

音楽の表現職ではなく技術職向けに書かれた本ですが「目から鱗」な内容が満載。

そしてベンジャミン・フランクリンの言葉が胸に残りました。

 

「人生を愛する者よ、時間を浪費してはならない。

   人生は時間でできているのだから」

category:, 20:56
comments(0)
若者

「TVアニメ創作秘話 〜 手塚治虫とアニメを作った若者たち」

 

マンガ「TVアニメ創作秘話 〜 手塚治虫とアニメを作った若者たち」を読了。

 

世界初の週間テレビアニメ「鉄腕アトム」制作の裏話が紹介されています。

平均視聴率 27.4%、最高視聴率 40.3%(1964年)を記録した歴史的な作品。

僕の大好きな「W3」の制作エピソードも出てきてオモロすぎる一冊です。

 

そしてあらためて手塚先生のストイックさに感服しました。

category:, 20:44
comments(0)
君国

「この国はきみの国 - アメリカの吟遊詩人 ウディ・ガスリー」

 

ウディ・ガスリーの伝記本「この国はきみの国」を読了。

今まで知らなかった彼の人生について詳しく知ることができました。

 

労働組合の支援や共産主義への傾倒、商船隊と陸軍への入隊などは初耳。

そして長きに及んだハンチントン病との闘病生活は読んでいて辛かったです。

 

彼の音楽を聴くときの目線を変えてくれる有難〜い一冊でした。

category:, 21:00
comments(0)